■ちょうどいい家・・・

公開日:

カテゴリー: 不動産の豆情報  タグ:  | | | |


※一建設・・・はじめの家は、「ちょうどいい家」のキャッチフレーズはいい!!

それは、ローコスト住宅とはどうあるべきかを追求した家

それは、「適正」「最適」について考え抜かれた家

それは、本当に必要なものだけを必要とした家

それは、無駄を徹底的にカットした家

それは、住みはじめてからの余裕を生む家

それは、安全性だけはやりすぎるくらいがちょうどいいと考える家

それは、本来あるべき姿の家。

①ちょうどいい価格・・・家を持つことは人生のゴールではありません 家を持つことで、趣味や旅行などの楽しみを犠牲にすることがあってはなりません。

■全行程一環の家作りが叶える低価格(はじめのワンストップ体制)

一建設では、事前の調査から入居後のアフターサービスまで、作業を一貫して自社で請け負います。

そのため、価格に跳ね返る余分なマージンなどが発生しません。
また、住まいづくりに関するすべての工程を直接管理しますので、各工程での対応も迅速に実施でき、

スケジュール管理の面でも価格を抑えることができます。

②「戸建てのちょうどいい性能・・・住宅性能評価を最高東急でクリア

住宅性能表示制度とは、国土交通省が指定した第三者機関が、定められた指標に基づいて住宅の安心・安全の度合いを客観的に評価する制度です。専門知識のない方にも建物の性能がわかる。いわば「住宅の鑑定書」のようなもの。一建設住まいは、この住宅性能評価書必須の4分野5項目において最高等級を取得しています。※2階建て物件が対象で、3階建てと注文住宅は除きます。

③「戸建てのちょうどいいサイズ・・・地域ごとのお役様のニーズを反映

各都府県、さらにそのエリアごとに、お客さまが望む住まいの傾向は、土地の規模、住まいの大きさ、車庫の広さなど、それぞれ少しずつ異なります。

私たちは長年にわたって地域密着型の企業であり続け、各地域の不動産会社と情報交換をしながら、そのエリア独自の“ちょうどいい“サイズを提案します。

■家作りのコンセプト「ライフサイクルサポート」

「家」には、時の流れとともに、さまざまな転機が訪れます。新しい家族の誕生、転勤、子供の独立、高齢化など、その都度、住まいに求められる役割は変化していきます。たとえば、購入当初は1台分でよかったカースペースが、家族が増えたり、就職したりすることで、2台分必要になったりします。一建設では、そのような変化を見据え、周辺がカーポート1台分でも2台分のスペースを確保した住宅を建設、販売しています。また、デザインは年代による好みが分かれないようシンプルにする一方、キッチンやバスルームは広さや使いやすさを重視するなど、「変化を見据えた」配慮を施しています。

一建設が目指すのは、ライフサイクルの転換期を迎えた人たちに対して、新しい暮らしに適した「家」を提供すること。それが私たちの家づくりのコンセプト「ライフサイクルサポート」です。