一目均衡表・・・

公開日:

カテゴリー: 平野の独り言  タグ:  | | | | | |


※時間あったので研究してみた・・・・なるほど面白いと言うか 使いこなせば勝てる気がする! →  甘い甘い・・・

昭和初期に細田悟一氏(ペンネーム:一目山人、都新聞社の商況部部長)が約2,000人のスタッフと7年をかけて完成させ、

「相場は買い方と売り方の均衡が崩れた時に大きく動くので、どちらが優勢かが分かればよく、それを一目で知ることができる」という由来による相場分析手法です。

日本ではもちろん、海外のファンドマネージャーにも支持され、個人投資家の中でも最も人気の高いテクニカル指標の一つです。

■一目均衡表は、転換線・基準線・先行スパン(2本)・遅行スパンの5本線を使い、時間論・波動論・値幅観測論の3つの理論から構成されています。

少しずつ勉強してみよう!