0.5%・・・

公開日:

カテゴリー: 平野の独り言


アメリカのFRB=連邦準備制度理事会は歴史的な物価高を抑制するため0.5%の利上げを決めました。

FRBは4日、金融政策を決める会合で政策金利の誘導目標を0.5%引き上げ、

年0.75%から1%の範囲にすることを決めました。

0.5%の利上げ幅は通常の2倍にあたり、2000年5月以来、22年ぶりの大幅利上げです。

FRB パウエル議長 「物価はあまりにも高過ぎる。0.5%の利上げを今後、複数回の会合で行う選択肢もある」

さらに、景気を下支えするため購入したアメリカ国債などの保有資産についても、

6月から段階的に減らし始めることを決めました。

※日本が低金利のままであれば、円が売られてドルが買われる 

日本の金融マーケットの状況になると思います。

アメリカが利上げに踏み切り、金利が上がっていく。

一方で、「日本は低金利のまま」という状況になると、円が売られてドルが買われる。

これが大きな円安の要因にもなっているわけですが 135円 150円 どこまでなのか?