公的年金・・・

公開日:

カテゴリー: 平野の独り言


私もいつも気になる歳となりましたが・・・せちがらい世の中ですな~

公的年金はは1日から支給額が改定され、6月に支払われる4、5両月分から0・4%減額される。受給開始年齢も変更され、選択の幅が現行の60~70歳から、60~75歳に広がる。

 公的年金の支給額は賃金や物価の変動に合わせて毎年度改定されるが、

新型コロナの感染拡大で現役世代の賃金が減ったことから、2022年度は2年連続の引き下げとなった。

 自営業者らの国民年金(満額)は月額6万4816円(前年度比259円減)、会社員と公務員が加入する厚生年金は夫婦2人の標準世帯で同21万9593円(同903円減)となる。

 原則65歳の公的年金の受給開始年齢は、22年度から75歳まで先送り(繰り下げ)が可能となる。繰り下げれば月額は増える。

65歳よりも前倒しする(繰り上げる)と月額は減るが、減額率は0・5%から0・4%に緩和する。

 一定の収入がある場合に厚生年金を減額する「在職老齢年金制度」も見直す。

これまで60~64歳では賃金と年金の合計が基準額の月額28万円を超えると、年金額をカットしていたが、

基準額を47万円に引き上げ、意欲のある高齢者の就労を促す

→ 出来れば早めにと思いつつも・・・ 

もうすぐ選択がせまられるのです とほほ