■変動金利とは・・・

公開日:

カテゴリー: 不動産の豆情報


変動金利の特徴

1.金利が変更されても、お借り入れ後5年間は月々のご返済額が変わりません。

変動金利型をご利用いただいた場合、お借り入れ後5年間は、年2回金利が見直された場合も、ご返済額のうちの元金部分と利息部分の割合を調整するだけですので、お借り入れ当初に計算されたご返済額(元金+利息)は変わりません。

2.以後も5年ごとにご返済額を見直します。

5年ごとのご返済額の見直しにあたっては、その時点の元金残高(未収利息があれば、その金額を加えたもの)、融資利率、残存期間により再計算し、新しいご返済額が決定されます。

  • 「未収利息」とは、5年間は返済額が変更しないために生じる、「金利の大幅上昇によるお利息の未払分」のことです。

3.ご返済額が増加する場合は上限が定められていますので、見直し後の返済負担が極端に重くなることはありません。

5年ごとのご返済額の見直しにより、再計算されたご返済額が増加する場合は、それまでのご返済額の25%増を上限としています。なお、新しいご返済額が減少した場合は、そのまま減額するか、前回ご返済額と同額でご返済期間を短縮するか、あらかじめ選択していただきます。

  • 「5年間はご返済額が変更しないうえ、5年ごとのご返済額の見直しについても25%増を上限とし、それ以上には増えないため、お借り入れ後の金利推移等により最終のご返済日(お借り入れ期日)に、通常のご返済額を上回る金額をご返済していただく場合がありますのでご了承ください。

ご返済額の動き

  • ご返済額の動きの図

ご融資金利の動き

  • ご融資金利の動きの図