■一建設(リーブルガーデンシリーズ・・・)

公開日:

カテゴリー: 不動産の豆情報


①ちょうどいい価格

家を持つことは、人生のゴールではありません。
家を持ったことで、趣味や旅行などの楽しみを犠牲にすることがあってはなりません。

全工程一貫の家作りが叶える低価格。

一建設では、事前の調査から入居後のアフターサービスまで、作業を一貫して自社で請け負います。
そのため、価格に跳ね返る余分なマージンなどが発生しません。
また、住まいづくりに関するすべての工程を直接管理しますので、各工程での対応も迅速に実施でき、
スケジュール管理の面でも価格を抑えることができます。

②「戸建」のちょうどいい性能

住宅性能評価を最高等級でクリア

住宅性能表示制度とは、国土交通省が指定した第三者機関が、定められた指標に基づいて住宅の安心・安全の度合いを客観的に評価する制度です。専門知識のない方にも建物の性能がわかる。いわば「住宅の鑑定書」のようなもの。一建設の住まいは、この住宅性能評価の5分野8項目において最高等級を取得しています。

厳格な耐震構造

全棟地盤調査の実施や、基礎・構造・屋外防水検査等、建築中の、第三者又は社内の厳格な品質検査を行い、建築基準法上の「検査済証」の取得に加え、住宅金融支援機構が定める【フラット35】技術基準にも適合しています。こうして私たちは、お客様に「安心・安全」な住宅をご提供しております。

③「戸建」のちょうどいいサイズ

 「家」には、時の流れとともに、さまざまな転機が訪れます。新しい家族の誕生、転勤、子供の独立、高齢化など、その都度、住まいに求められる役割は変化していきます。たとえば、購入当初は1台分でよかったカースペースが、家族が増えたり、就職したりすることで、2台分必要になったりします。一建設では、そのような変化を見据え、周辺がカーポート1台分でも2台分のスペースを確保した住宅を建設、販売しています。また、デザインは年代による好みが分かれないようシンプルにする一方、キッチンやバスルームは広さや使いやすさを重視するなど、「変化を見据えた」配慮を施しています。