長期優良住宅メリット・・・

公開日:

カテゴリー: 不動産の豆情報


①7つの技術基準をクリアした物件であることが国に認定されている

※簡単に言えば、「いい家を作って、きちんと手入れをして、長く大切に使う」という考え方の基準をクリアしたものが長期優良住宅です。

※長期優良住宅として認定を受けるためには、7つの技術基準をクリアする必要があります。

②税制面で優遇が受けられる

※長期優良住宅の認定を受けることで、住宅ローンの金利優遇、税金面の優遇が得られるなどの、金銭的なメリットが大きいのも魅力です。

③中古市場では長期優良住宅が有利

※中古住宅として売却するときでも、長期優良住宅の認定を受けていることで評価に差が出ることもあります。
『丈夫な造りをしています』というだけでは、信憑性がありませんが、「長期優良住宅」認定済住宅となれば、上記で説明した耐震性や耐久性、維持管理の容易性等を証明することができ、メンテナンスの記録も残されているため、流通時にはプラスの材料となるでしょう。