忘れ物タグ・・・いいな~

公開日:

カテゴリー: 平野の独り言  タグ:  |


※私を探してもらえるのです・・・

■音を鳴らして見つけよう。

お財布が見つからない?AirTagが付いていれば大丈夫。

「探す」アプリの新しい「持ち物を探す」タブで、AirTagの内蔵スピーカーに音を鳴らさせましょう。

または「Hey Siri、お財布を探して」と声をかけるだけ。ソファの下や隣の部屋など近くにあれば、音が鳴る方を探すだけで見つけられます。

■ほら、そこ。もうちょい右。

AirTagが近くにある時は、iPhoneが「正確な場所を見つける」機能で、AirTagまでの距離と進む方向を表示1

超広帯域テクノロジーを活用して、あなたをその場所に案内します。

■何億人ものAppleユーザーが、一緒に探してくれます。

ビーチやジムなど、離れた場所に置き忘れてしまった場合は、世界中にある数億台のiPhone、iPad、Macデバイスの「探す」ネットワークが、あなたのAirTagを追跡するお手伝いをします。

しかも、どんな時でもあなたのプライバシーをしっかり守るように設計されています。

■紛失モードで、より簡単に探せます。

ほかのApple製デバイスと同じように、AirTagをなくしたら紛失モードにしましょう。

ネットワーク上のデバイスがAirTagを検知すると、自動であなたに通知が届きます。

見つけてくれた人がNFCに対応したスマートフォンをAirTagに軽く当てるだけで、あなたの連絡先情報を確認できるように設定することもできます。

NFCは、レジでの支払いをスマートフォンで済ませるために使われるテクノロジーです。

■プライバシー機能を内蔵。

AirTagの場所は、あなたしか見ることができません。

位置情報や履歴がAirTagの中に保存されることもありません。

AirTagの場所を中継するデバイスは匿名に保たれ、送られる位置情報は最初から最後まで暗号化されます。

だから、あなたのAirTagがどこにあるか、AirTagを探すお手伝いをしたデバイスが誰のものか、Appleも知ることはできません。

■シンプルな美しさ。

設定はワンタップ。AirTagとiPhoneまたはiPadが瞬時に接続されます。AirTagの名前を入力したら、追跡したい物に取りつけましょう。AirTagの通知は、Apple Watchでも受け取れます。