給油ランプの点灯・・・

公開日:

更新日:2021/03/09

カテゴリー: 平野の独り言  タグ:  |


※給油ランプの点灯・・・あと何キロ走行できるのか?

皆さんも経験があると思いますが・・・

クルマを走行していて燃料が一定量を下回ると燃料タンクに設置されたセンサーが感知して、エンプティランプが点灯する仕組みです。

ほとんどのクルマの説明書にはエンプティランプが点灯するガソリンの容量について記載されており、点灯した際はなるべく早めに給油する必要があります。

→私の記憶では、点灯後約8L残ってると聞いたこと・説明書に記載があったようなきがします もちろん車種にもよりますが・・・軽は結構ギリギリでとの話をきた事あります。

 

従って、実際エンプティランプが点灯してからクルマはどれくらいの距離を走行することができるのでしょうか。

例えば、ハイブリッド車のトヨタ「プリウス」のAプレミアムグレードでは、残り約6.4リットルで点灯。

これをカタログ燃費の30.8km/Lから残走行距離を計算すると、約197km走行することができるということが分かります。

エンプティランプが点灯してからの走行について、とある自動車整備士は以下のように話します。

「一般的にエンプティランプが点灯するのは、次のガソリンスタンドまでたどり着けるような距離で点灯するようになっています。  例えば高速道路では、およそ50kmの間隔で給油することができるようサービスエリア

が設置されていますので、余程のことが無ければランプがついてからの給油でも大丈夫です。 → なるほど・・・

エンプティランプが点灯したからといってクルマに負担がかかるわけではありませんが、極力負荷のかからない運転を心がけることで燃料の消費を防ぐことができます。

そのため、心配であればエアコンを切ったり、60km/h程度を一定のスピードで走行すると良いでしょう」との事。