淡路島が熱い・・・

公開日:

更新日:2021/02/15

カテゴリー: 平野の独り言  タグ:  |


※昨秋、パソナグループが突然、東京にある本社機能の一部を淡路島へと移転すると発表した。

約1800人の事務職のうち、約1200人を2024年までに異動させる。

「島」という言葉のインパクトが強いため、社員たちが東京の中心部・大手町から絶海の孤島に流されていくという“哀れ”なイメージがSNSで拡散した。

→ しかし

※「通勤は満員電車に揺られなくて済むから、とても楽。空気はきれいだし、私の家から5分で、海にも天然温泉にも行けます。

遊ぶところがたくさんあって、子育てには間違いなく良い環境。家賃は東京の3分の1ですし、食べ物もおいしくて安い。

同期入社の社員たちが休日に集まって、釣りに行き、釣った魚のバーベキューを満喫していますよ」  “島流し”とは程遠い。

まるで、リゾート地で休暇を取りつつ働く「ワーケーション」を実践しているかのようだ。

→ 新しい環境に変わるのは、とても勇気のいる事だし何が起こるのか恐怖だろうと思う おそらく殆どの人が今のゾーンが一番安全で居心地が良いから、少しばかりの不満があっても環境を変えようとしないのだろう。

ただ、上記のようなチャレンジは大きく未来も環境も考え方も変えていくのだろう まったく新しい素晴らしい未来がまっているとも思える