ブルーウェーブ・・・

公開日:

カテゴリー: 平野の独り言  タグ:  | | |


※アメリカの連邦議会上院(定数100)の多数派を決める南部ジョージア州の2議席をめぐる決選投票で、1月6日、2議席とも民主党候補の当選が確実となった。

これにより、上院の構成は民主党、共和党ともに50議席ずつとなる。過半数が必要な採決の場合には、上院議長を務める副大統領が“101人目”の最後の一票を投じる。

次期副大統領はカマラ・ハリス氏が就任するため、これまで多数派だった共和党が過半数を失い、上下両院とも政権与党の民主党が多数派となる「ブルーウェーブ」が実現した形だ。

ねじれ回避でバイデン氏に追い風 期待高まる

上院は、最高裁判事などの人事を審議し決定する権限を持つ。

上下両院の多数派が異なる「ねじれ議会」への懸念の解消は、新型コロナウイルス対策や環境問題、同盟国との協力関係など、政策転換を急ぐジョー・バイデン次期大統領にとっては、非常に大きな追い風だ。

新政権で経済対策やインフラ投資などが実現しやすくなるとの見方から、6日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価は過去最高値を更新して取引を終えた。

国債増発の思惑から米長期金利は急上昇。米連邦準備理事会(FRB)が金利抑圧に動くかが焦点になってきた。

→ どう動くかのか?