■住宅ローン(フラット35)・・・

公開日:

カテゴリー: 不動産の豆情報  タグ: 


1.フラット35はどんな住宅ローン?

住宅ローンにはさまざまな種類があり、フラット35はその中の商品の一つとなります。

フラット35とは、住宅金融支援機構(※)と民間金融機関が提携している長期固定金利の住宅ローンです。長期の固定金利は民間の住宅ローンでは提供することが難しいとされており、それを扱っているのが住宅金融支援機構です。長期的な固定金利にはリスクが伴いますが、そのリスクを住宅金融支援機構が担っているという形になります。

そのため、フラット35は返済する全期間が固定金利となっており、融資実行時の金利がずっと続きます。毎月の返済額が確定していて、返済中に金利が上昇したとしても返済額は増加しないので、将来的な家計のシミュレーションを立てやすいのが特徴です。

そして、フラット35には「フラット35S」という商品もあります。これは耐震性や省エネルギー性などが優れた質の高い住宅を取得した場合に適用されるもので、フラット35の借入金利から一定期間金利を引き下げる制度です。

※住宅金融支援機構とは、「国土交通省と財務省が管轄する独立行政法人

※フラット35Sの概要

フラット35にはフラット35Sという商品もあり、こちらについても概要を説明します。

フラット35Sとは、フラット35の利用者が耐震性や省エネルギー性の優れた住宅を取得する場合に、フラット35の借入金利を一定期間引き下げる制度です。

対象となる住宅の基準は以下の4分野となり、どれか1つを満たしていなければいけません。

【フラット35】Sで対象となる4分野の住宅性能

※住宅金融支援機構【フラット35】サイトより

  • 省エネルギー性に優れた住宅
  • 耐久性、可変性に優れた住宅
  • バリアフリー性に優れた住宅
  • 耐震性に優れた住宅
  • ※金利例)
  • 金利Aプラン 金利Bプラン

※住宅金融支援機構【フラット35】サイトより

さらにフラット35Sには、当初10年間フラット35の金利を下げる「金利Aプラン」と、当初5年間フラット35の金利を下げる「金利Bプラン」というのがあり、「金利Aプラン」のほうが「金利Bプラン」よりもより高性能な住宅取得を求められます。ご自身の住宅の性能がどのプランにあたるのか、またフラット35Sの対象住宅になるのか、確認しておきましょう。

【フラット35】Sの住宅の技術基準レベル

※住宅金融支援機構【フラット35】サイトより

※2019年7月 金利は、近年になく低金利となりました お問い合わせは、住まい選びのパートナー「はぐみ不動産LLC」 平野まで 09060964063