NISA制度拡大・・・

公開日:

カテゴリー: 平野の独り言


投資の運用益が非課税になるNISA(少額投資非課税制度)について、政府与党は投資額、上限枠ともに拡大する方向で最終調整に入った。

各社が報じた。近く公表する2023年度税制改正大網に盛り込む。

金融庁が用意したシミュレーションによる運用結果。上限投資額1800万円でも適切に運用することで十分に2000万円は超える  現在の制度では、一般NISAが23年、つみたてNISAが42年までの時限措置。

報道によると、新しいNISAは24年に新制度として用意し、現行制度とは分離して取り扱う。  

つみたてNISAは現行の年間40万円から3倍の120万円に、一般NISAは名称を「成長投資枠」と変更し2倍の240万円にする方針。つみたてと成長投資を同時に利用できるようになる。  

また富裕層に恩恵が偏るのを防ぐため、生涯の投資上限を1800万円、うち成長投資枠を1200万円とする方針だという。

従来は、つみたてNISAが最大800万円、一般NISAが最大600万円だった。

金融庁の資産運用シミュレーションによると毎月10万円を積み立て、年率3%で運用すると、13年7カ月で2000万円に達し、うち投資額は1630万円となっている。また過去の株式投資利回りに近い6%でシミュレーションすると、11年7カ月で2000万に達し、うち投資額は1390万円となる。

→ 日本も投資へ 今からでも遅くないのかなと いやぁもう遅いのかと とほほ。